プロジェクトX~挑戦者たち~

投稿日:

プロジェクトX~挑戦者たち~とは

プロジェクトX~挑戦者たち~(NHK)という番組がある。非常におもしろく、いつも大きな感動を与えてくれる番組である。ただし、この番組に対しては、かなりの確率でクレームが寄せられているようである。

事実から離れて誇張しすぎた内容、あるいは事実関係の確認不足など、製作スタッフの勇み足が目立っている。それでもおもしろい番組だといえる。我が「団塊の世代一代記」にも何度も登場している。

サイト内関連ページ(プロジェクトX)

アンコール、「新幹線、執念の弾丸列車」
~老友90歳・戦闘機が姿を変えた~
2002年06月18日放送
東海道新幹線

アンコール「あさま山荘 衝撃の鉄球作戦」
2002年12月28日(土)放送
連合赤軍「あさま山荘」事件

第160回「衝撃のケネディ暗殺 日米衛星中継」
2004年11月30日(火)21:15~22:00放送
ケネディ暗殺と宇宙中継

アンコール「王が眠る、神秘の遺跡」
~父と息子・執念の吉野ヶ里~
2004年12月07日(火)21:15~22:00放送
吉野ヶ里遺跡

第172回「東洋一の巨大ホテル 不夜城作戦に挑む」
2005年05月17日(火)放送
現代に生きる「戦艦大和」の技術

プロジェクトX~挑戦者たち~(NHK)

2000年03月28日(火)第1回放送
「巨大台風から日本を守れ」
~富士山頂・男たちは命をかけた~

今も記憶に新しいあの社会現象、人々の暮らしを劇的に変えた新製品の開発、日本人の底力を見せ付けた巨大プロジェクト・・・。戦後、日本人は英知を駆使し、個人の力量 を“チームワーク”という形で開花させてきた。戦後日本のエポックメイキングな出来事の舞台裏には、いったいどのような人々がいたのか。成功の陰にはどのようなドラマがあり、数々の障害はいかなる秘策で乗り越えられたのだろうか。(同ホームページより)

キャスター:
国井雅比古(くにい・まさひこ)
膳場貴子(ぜんば・たかこ)
久保純子(くぼ・じゅんこ)
ナレーター:
田口トモロヲ(たぐち・ともろを)
番組テーマ曲:
中島みゆき(なかじま・みゆき)、作詞・作曲
主題歌(オープニング曲)「地上の星」
エンディング曲「ヘッドライト・テールライト」

テーマ曲は、オープニング、エンディングとも”中島みゆき”による書き下ろしである。また、彼女が、NHKのドキュメンタリー番組に曲を提供するのは初めてのことである。
(1952年02月、北海道札幌市生まれ)

中島みゆき

2000年07月19日、シングル「地上の星/ヘッドライト・テールライト」リリース
2002年09月、オリコン連続110週チャートイン(日本記録を達成)
2003年01月、連続チャートイン130週にして1位に輝く
2003年05月、連続チャートイン148週(日本記録達成)
2003年11月、連続チャートイン174週(日本記録)
第53回紅白歌合戦(NHKホール)
2002年12月31日初出場、「地上の星」を歌う
歌手別視聴率で堂々の一位(52.8%)獲得
司会、紅組・有働由美子アナウンサー、白組・阿部渉アナウンサー
総合司会、三宅民夫アナウンサー

2005/08/17(水)、初出

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ケネディ暗殺と宇宙中継

日米間のテレビジョン衛星中継は1963年11月(昭和38)に始まった。その時の実験放送で飛び込んできたのが、ケネディ米大統領暗殺という衝撃的なニュースであった。なお、当時は衛星中継ではなく、“宇宙中継 …

no image

左ひざ関節痛にヒアルロン酸注がよく効いた

このページの目次です1 山を歩き過ぎて膝を痛めた2 第1クール5回(毎週1回ずつ5週連続投与)3 第2クール5回(毎週1回ずつ5週連続投与) 山を歩き過ぎて膝を痛めた 2007年11月 近医受診時、穿 …

no image

江戸三百藩(各藩ごとの歴史)

江戸のお殿様(各藩ごとの歴史) 下野真岡藩、1601年〜1611年(300浅野) (リンク付きモデルケース、以下順次作業予定) 常陸真壁藩、1611年〜1622年(300浅野) 常陸笠間藩、1622年 …

no image

戦艦大和の最期(米側資料による戦闘詳報)

このページの目次です1 はじめに2 当日の米軍空母搭載機及び発進機数2.0.1 「第一遊撃部隊」攻撃機数386機(モリソン著作より)2.0.2 実際の出撃機数367機(原勝洋著作より)2.0.2.1 …

no image

白神山地(世界自然遺産)のブナ原生林

このページの目次です1 白神山地(しらかみさんち)とは2 青秋林道建設の見直し発言(北村正哉・青森県知事)3 赤石川と青秋林道、概念図4 佐藤昌明著「新・白神山地-森は蘇るか」緑風出版(2006年)5 …