元祖・御三家

投稿日:

元祖・御三家

1960年代、青春歌謡を歌っていた橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の3人は”御三家”として親しまれ、絶大な人気を誇っていた。その3人がユニット「G3K(ごさんけ)」を結成、2000年10月6日から2001年12月31日まで全国100都市でツアーコンサートを行なっている。テレビ番組以外で3人が競演するのは初めてであり、ステージで3人がそろうのも今回が「最初で最後」という。なお、司会は玉置宏(たまおき・ひろし)。

「高校三年生」(我が青春の歌)

昭和39年(1964年)高校2年生の夏、私たちの学校の修学旅行は九州一周旅行であった。途中、バスの中で作新学院(栃木県)の高校野球春夏連覇(史上初)のラジオ放送を聞いた記憶がある。そして、同じくラジオから流れていたのは、前年度レコード大賞新人賞を獲得した「高校三年生」である。それから数十年たって、私たちの同期会では校歌に続いてこの歌を合唱してお開きとなる。

私たちにとって忘れ得ぬこの歌を歌っていたのは、舟木一夫。この歌で彼は一躍スターダムにのし上がっていた。その彼が一時期不遇の時代を迎えることとなる。しばらくして、すべてを乗り越えて再び表舞台に登場してきた彼は渋く輝いていた。そういう彼が私は好きである。

橋幸夫

1943年(昭和18年)5月、東京都生まれ、4学年上
1960年(昭和35年)8月デビュー、17歳
潮来笠(佐伯孝夫・作詞、吉田正・作曲)
同年、第2回レコード大賞新人賞(新人賞はこの回初めて設定)
同年、第11回NHK紅白歌合戦初出場(司会:赤組 中村メイコ、白組 高橋圭三)

舟木一夫

1944年(昭和19年)12月、愛知県生まれ、3学年上
1963年(昭和38年)6月デビュー、18歳
高校三年生(丘灯至夫・作詞、遠藤実・作曲)
同年、第5回レコード大賞新人賞(同年発表の”学園広場”と合わせて)
同年、第14回NHK紅白歌合戦初出場(司会:赤組 江利チエミ、白組 宮田輝)

西郷輝彦

1947年(昭和22年)2月、鹿児島県生まれ、1学年上
1964年(昭和39年)3月デビュー、17歳
君だけを(水島哲・作詞 北原じゅん・作曲)
同年、第6回レコード大賞新人賞(同年発表の”17歳のこの胸に”と合わせて)
同年、第15回NHK紅白歌合戦初出場(司会:赤組 江利チエミ、白組 宮田輝)
紅白では、”17歳のこの胸に”を歌う

2001/03/20、初出

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

宇高連絡船・紫雲丸

1966(昭和41)からの学生時代4年間を私は徳島で過ごした。広島との往復ではほとんど宇高連絡船を利用した。少なくとも10往復以上はしたであろう。中国地方から四国への修学旅行をためらう空気がまだ残って …

no image

ヨット

新潟ではじめてヨットに乗る 1972年(昭和47)入社3年目のころ,私は初めてヨットに乗った。場所は鳥屋潟(とやのがた)という新潟市内にある潟(水溜り,池)である。水深は浅く水は濁っており所々藻が密集 …

no image

坊がつる讃歌

本ページは、電子出版(アマゾンKindle版)しています。 『坊がつる讃歌 誕生物語(初版)』(2017年7月17日) ~廣島高師をめぐる人と人のつながりを追って~ www.amazon.co.jp/ …

no image

江戸のお殿様(岩城家)

岩城家 Edit 2万石、外様、柳間、城主格(当初は陣屋) 佐竹義重 佐竹義重の長男、佐竹義宣、出羽久保田(秋田)20万石 佐竹義重の二男、蘆名義広、常陸江戸埼・・・出羽角館 佐竹義重の三男、岩城貞隆 …

no image

富士山

一富士、二鷹、三茄子と言われ、初夢のおめでたい題材にもあげられる富士山は、標高、姿・形どれをとってもやはり日本一の山です。 品川のホテルから富士山を見る(カシミール展望図) prince256.jpg …