江戸のお殿様(岩城家)

投稿日:

岩城家 Edit

2万石、外様、柳間、城主格(当初は陣屋)

佐竹義重

佐竹義重の長男、佐竹義宣、出羽久保田(秋田)20万石
佐竹義重の二男、蘆名義広、常陸江戸埼・・・出羽角館
佐竹義重の三男、岩城貞隆、信濃川中島1万石

01岩城吉隆(貞隆の長男)、信濃川中島−出羽亀田(立藩)2万石
さらにその後、伯父佐竹義宣(佐竹義重の長男)の後を継ぎ、久保田藩2代藩主(佐竹義隆)となる
佐竹義重の四男、岩城宣隆(のぶたか、多賀谷宣家を改める)
02岩城重隆(宣隆の長男)−03秀隆(02重隆の長男・景隆の子)−04隆韶(たかつぐ、仙台藩主・伊達吉村の弟の伊達村興(宮床伊達氏)の子)−05隆恭(たかよし、仙台伊達一門岩谷堂伊達家当主)−以下幕末まで存続
注:宣隆は藩主ではなく番代(代つなぎ)とされている

陸奥磐城平藩、〜1600年(100岩城) Edit

戦国時代、岩城、佐竹、伊達などの諸氏は、それぞれに姻戚関係を結び合従連衡を繰り返していた。たとえば、岩城家の当主岩城常隆が小田原征伐直後に病死した時には、佐竹義重の三男・貞隆が岩城家を継いでいる(養嗣子)。そして、岩城常隆の実子・政隆は、伊達氏に戻り、のちに伊達一門の岩谷堂伊達氏の初代当主となった。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、佐竹義宣(佐竹義重の長男)と岩城貞隆(佐竹義重の三男)の兄弟は、東軍にくみしたもののその態度があいまいであったため、徳川家康の怒りを買う。その結果、佐竹義宣は常陸国54万石から久保田(秋田)20万石へ減転封、岩城貞隆は磐城平12万石を没収された。

岩城貞隆は、その後江戸・浅草で浪人生活を送りながら機会をうかがい、慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で本多正信にしたがい戦功をあげる。

信濃川中島藩、1616年〜1623年(100岩城) Edit

岩城貞隆は、元和2年(1616年)に信濃川中島(中村)に1万石を与えられ大名として復帰する。元和6年(1620年)10月病死。

貞隆の遺領は吉隆(貞隆の長男)が継ぐ。そして、元和8年(1622年)10月には、出羽国由利郡に1万石を加封され都合2万石となる。

出羽亀田藩、1623年〜幕末(100岩城) Edit

岩城吉隆(川中島岩城藩2代藩主)は、元和9年(1623年)11月、信濃の所領を由利郡に替地され、亀田(2万石)に国替えとなる。さらにその後、伯父佐竹義宣(佐竹義重の長男)の後を継ぎ、久保田藩2代藩主(佐竹義隆)となる。

01岩城吉隆の後は、多賀谷宣家(のぶいえ、佐竹義重の四男、多賀谷重経の養嗣子)が継いで岩城宣隆(のぶたか)となる。この場合、叔父(佐竹義重の四男)が甥(佐竹義重の三男の子)の跡を継ぐ形となる。当時一般的には、下の世代から上の世代への継承はあまり歓迎されておらず、史書においては宣隆は藩主ではなく番代(代つなぎ)とされている。

02重隆(宣隆の長男)、03秀隆と継いで佐竹の血筋は薄れてゆき、その後は、04隆韶、05隆恭と仙台伊達家から養子を受け入れ、その血筋が当地(秋田県由利本荘市岩城)にて幕末まで続いている。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

旅する巨人・宮本常一

このページの目次ですはじめに宮本常一「村里を行く」「土と共に」の旅行日程松村久著「六時閉店-地方出版の眼-」マツノ書店私の山行記(宮本常一関連) はじめに 宮本常一は、明治40年(1907年)8月1日 …

no image

左ひざ関節痛にヒアルロン酸注がよく効いた

このページの目次です山を歩き過ぎて膝を痛めた第1クール5回(毎週1回ずつ5週連続投与)第2クール5回(毎週1回ずつ5週連続投与) 山を歩き過ぎて膝を痛めた 2007年11月 近医受診時、穿刺(水抜き) …

no image

インフルエンザで3日間寝込んだことがある

平成12年2月上旬(2000年)、私は病気に倒れた。金曜日の夕方、急に喉がいがらっぽくなって咳を繰り返すようになる。早めに帰宅して軽く食事を取った後寝込んで、月曜日の朝まで全く起きあがることができなか …

no image

東海道新幹線

このページの目次です東海道新幹線とはプロジェクトX~挑戦者たち~(NHK)新幹線「のぞみ」に乗る男性ホームから転落、救助の2人もはねられ死亡島秀雄(新幹線をつくった男)世界の標準(広軌)電車列車(理想 …

no image

力道山-空手チョップの英雄

このページの目次です力道山と私力道山年譜力道山殺傷の真相北朝鮮と力道山参考文献街頭テレビ 力道山と私 私が力道山の名前を知ったのは、たぶん1954年(昭和29)夏、小学校一年生のころである。場所は広島 …