未分類

三原城

投稿日:2018年5月28日 更新日:

小早川隆景の築城による

三原城(広島県三原市、JR三原駅北側)は、沼田川河口の三原浦に築かれた海城(海の要塞)であった。これを築いたのは、毛利元就三男の小早川隆景である。

関ヶ原合戦(1600年)後、周防・長門に退けられた毛利氏の後を受けて、福島正則が安芸及び備後(の一部)に入封、正則は広島城に、そして三原城には養子の正之が入った。

さらに、福島正則改易後、浅野長晟(浅野長政の二男)が和歌山から広島に入封(42万6千石)。それに伴い浅野忠吉(浅野長政の甥)が、和歌山県新宮から浅野家筆頭家老(3万石)として入り、三原城を代々受け継ぐ。

三原城は、あくまでも広島城の支城であった。したがって、三原藩という藩はどこにも存在しない。とはいうものの、一国一城の制度のなかで、幕末まで三原城が存在したことは非常にまれなことといえるであろう。

その三原城は、明治期の鉄道建設(現在のJR山陽本線)によって、本丸が分断されてしまった。歴史的建造物の保護という観点からは、いかにも残念な出来事であった。

2011/10/30初出

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

敗戦―母の手記

はじめに 今年は日本が先の大戦で敗れてから60年目の節目の年に当たる。各地で様々な催しものが例年よりも積極的に行われたようである。私の母が属する俳句雑誌「夕凪」も、2005年8月号(通巻682号)を原 …

no image

峠三吉

詩人:広島にて被爆 代表作:「原爆詩集」(序)”ちちをかえせ、ははをかえせ・・・” このページの目次です略歴療養所のベッドで「原爆詩集」を書くガリ版刷り自費出版、装丁:四国五郎 …

no image

「本多勝一」論

このページの目次です本多勝一氏について本多勝一(ほんだ・かついち)本多勝一「冒険と日本人-冒険的な現象に対する日本人の社会的反応について-」の記載場所変遷などについて本多勝一ルポルタージュとは何であっ …

no image

ヨット

このページの目次です新潟ではじめてヨットに乗る2夏連続で新潟から鎌倉のヨットスクールに通う東京転勤となりヨットクラブに入会する堀江謙一の冒険堀江謙一(ほりえ・けんいち)太平洋ひとりぼっち1962年(昭 …

no image

日本赤軍・重信房子容疑者逮捕

日本赤軍・重信房子容疑者逮捕 警察庁が逮捕監禁容疑で国際手配していた日本赤軍リーダーの重信房子容疑者(55)が潜伏先の大阪府高槻市内で逮捕された。数多くのテロ事件を起こしてきた日本赤軍だが、リーダーを …