未分類

三原城

投稿日:2018年5月28日 更新日:

小早川隆景の築城による

三原城(広島県三原市、JR三原駅北側)は、沼田川河口の三原浦に築かれた海城(海の要塞)であった。これを築いたのは、毛利元就三男の小早川隆景である。

関ヶ原合戦(1600年)後、周防・長門に退けられた毛利氏の後を受けて、福島正則が安芸及び備後(の一部)に入封、正則は広島城に、そして三原城には養子の正之が入った。

さらに、福島正則改易後、浅野長晟(浅野長政の二男)が和歌山から広島に入封(42万6千石)。それに伴い浅野忠吉(浅野長政の甥)が、和歌山県新宮から浅野家筆頭家老(3万石)として入り、三原城を代々受け継ぐ。

三原城は、あくまでも広島城の支城であった。したがって、三原藩という藩はどこにも存在しない。とはいうものの、一国一城の制度のなかで、幕末まで三原城が存在したことは非常にまれなことといえるであろう。

その三原城は、明治期の鉄道建設(現在のJR山陽本線)によって、本丸が分断されてしまった。歴史的建造物の保護という観点からは、いかにも残念な出来事であった。

2011/10/30初出

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

お知らせ(団塊の世代一代記)

2018/06/25 愛知大学山岳部薬師岳遭難事件 加筆修正 2018/06/23 WordPressで再構築を再開しました。 鋭意リンク整備を行います。 よろしくお願いいたします。

no image

日本赤軍・重信房子容疑者逮捕

日本赤軍・重信房子容疑者逮捕 警察庁が逮捕監禁容疑で国際手配していた日本赤軍リーダーの重信房子容疑者(55)が潜伏先の大阪府高槻市内で逮捕された。数多くのテロ事件を起こしてきた日本赤軍だが、リーダーを …

no image

旅する巨人・宮本常一

このページの目次ですはじめに宮本常一「村里を行く」「土と共に」の旅行日程松村久著「六時閉店-地方出版の眼-」マツノ書店私の山行記(宮本常一関連) はじめに 宮本常一は、明治40年(1907年)8月1日 …

no image

戦艦大和(参考文献)

数多くある大和文献の中から 特に注目すべき文献を表記した このページの目次です「真相・戦艦大和ノ最期」 写真と新資料で解明「戦艦大和誕生(上)(下)」 西島技術大佐の大仕事「戦艦大和ノ最期」 吉田満著 …

no image

医療過誤

このページの目次ですカルテの見間違い柳田”邦男”(ノンフィクション作家)さんの講演内容医療は、患者と医療関係者による「共同作品」患者の安全確保のために余談(ジャーナリスト柳田& …