WordPressを手動インストールする(エックスサーバー編)

はじめに

「Xserver サーバーパネル」を開く。

独自ドメイン(akimasa21.net)は設定済みとして話を進める。

この場合、独自ドメインフォルダの中に、MySQLデータベースとWordPressファイルを導入して、両者を紐付けする。

  • サーバーID:akimasa21(Xserver契約名)
  • ドメイン名:akimasa21.net(独自ドメイン)
  • インストールディレクトリ:
    /home/akimasa21/akimasa21.net/public_html/
  • 独自ドメイン用フォルダ(akimasa21.net)の下に「public_html」が作成されている。
    その「public_html」の中にデータベースファイルとWordPressファイルを設置する。

  • インストールURL:http://akimasa21.net/
  • なお、Xserverのマニュアルでは、インストールディレクトリを~/public_html/wpとしている。その場合、インストールURLは、http://akimasa21.net/wp/となる。

「akimasa21.net」の中に、データベースを用意する

WordPressを運用するためには、必ず、最低一つのデータベースとそれを管理できる最低一人のユーザー(パスワード必須)を設定しなければならない。

まずは、下記2つの手順を実行する。

  • 「設定対象ドメイン」から「akimasa21.net」を選択して、「設定する」。
  • 「現在の設定対象ドメイン」が「akimasa21.net」になる。

注)ただし、上記2つの作業手順は必要ないのかもしれない。どのような設定の元で作成しても、MySQLデータベースあるいはMySQLユーザーは、レンタルサーバー(akimasa21)で共通に通用するからである。

MySQL(データベース)の設定

WordPressで利用するデータベースを新規作成する。

なお、データベースの新規作成は、WordPress導入時にお任せの自動設定(自動作成)で行うことも可能である。

ただしその場合には、データベース名は英数字の連番となる。そうすると、後々WordPressやデータベースの数が増えてきたときに、各WordPressとそれぞれのデータベース名の対応関係が判別しづらくなる。

それを避けるためには、WordPress導入前に新規データベースを作成して、データベース名を自分好みの判別しやすい名前にしておく方がよい。なお、既存のデータベース(過去に使用したことのあるものを含む)では登録できない。

具体的な手順は、以下のとおりである。

新しいMySQLデータベースを追加する

「データベース」>>「MySQL設定」画面を開く。

「MySQL追加」で、新しいデータベースを用意する。例えば、以下のように設定する。

  • MySQLデータベース名 >> akimasa21-「practiceなど」
  • 文字コード >>「UTF-8」(規定値のまま)

新しいMySQLユーザーを追加する

「データベース」>>「MySQL設定」画面を開く。(上記設定画面に戻る)

「MySQLユーザー追加」で、新しいユーザーを作成する。例えば、以下のように設定する。

  • 「MySQLユーザーID」>> akimasa21-「半角英数字7文字以内、wp1など」
  • 「パスワード」>>「半角英数字、適宜設定」

なお一人管理のWordPressでは、全てのデータベースで、上記のユーザー名(同一のユーザー名、同一のパスワード)で運用すればよいだろう。

MySQLアクセス権を設定する

データベースごとにアクセス権を有するユーザーを紐付けする。

「データベース」>>「MySQL設定」画面を開く。(上記設定画面に戻る)

  • 「MySQL一覧」で、「データベース」の一覧を表示する。
  • 「akimasa21-practice」に対して、「アクセス権未所有ユーザー」の中から、先ほど作成したユーザー名を選択して、「追加」する。
  • 「アクセス権所有ユーザー」に、「akimasa21-wp1」が追加されたことが確認できる。

「akimasa21.net」の中に、WordPressを導入する

WordPressファイルをダウンロードする

WordPressファイルは、公式サイトからダウンロードする。

  • 公式サイト(https://wordpress.org/)にアクセスする。
  • 「WordPressを入手」ボタンをクリックするなど、案内に従ってWordPressファイルをダウンロードする。
  • ダウンロードした圧縮ファイルを解凍する。(Lhaplusを使用する)

FTPソフトを利用して、WordPressファイルを丸ごとホスト(サーバー)に転送する

FTPソフトとして、FileZillaを使用する。

FTPソフトの設定情報を確認する

「Xserver サーバーパネル」>> FTP >> サブFTPアカウント設定
「FTPソフト設定」>> 「初期FTPアカウントの設定内容」を確認する。

  • FTPサーバー(ホスト)名 :sv****.xserver.jp
  • ユーザー名(アカウント名):akimasa21
  • パスワード:FTPパスワード(サーバーパスワードと同じ値)

FTPソフトを立ち上げて、ファイル一覧を確認する

FileZillaを立ち上げると、パソコン側のファイル一覧が確認できる。さらに、上記設定値を記入すると、ホスト(サーバー)側のファイル一覧も確認できるようになる。

WordPressファイル一式(パソコン側)をホスト(サーバー)側にコピーする

ホスト側のakimasa21 >>「public_htmlフォルダ」の中に、パソコン内のWordPressファイル(解凍済み)一式をコピーする。

MySQLデータベースとWordPressファイルを紐付ける

WordPressのURLにアクセスして「wp-config.phpファイル」を作成する

  • akimasa21.net/にアクセスをする。
  • 「wp-config.phpファイルを作成する」をクリックする。
  • 「次に進みましょう!」をクリックする。

「wp-config.phpファイル」の中に、MySQLデータベースに接続するための情報を入力する

  • データベース名:akimasa21_practice(WordPressで使用するデータベースの名前)
  • ユーザー名:akimasa21_wp1(データベースのユーザー名)
  • パスワード:password(紐付けされたユーザー名のパスワード、きちんとメモをしておこう)
  • データベースホスト :mysql****.xserver.jp(MySQL設定画面の最下段で確認できる)
  • テーブルプレフィックス :wp_(通常はこのまま。単一のデータベースで複数のWordPressインストールを実行する場合は、これを変更する)

その結果は、当然ながら、「wp-config.phpファイル」(テキストファイル)を開いて確認することができる。

WordPress画面を表示する

「インストールを実行しましょう !」ボタンをクリックする。
ブログタイトルとメールアドレスを入力する。
「WordPressをインストール」ボタンをクリックする。
インストールが完了する。
「ログイン」ボタンをクリックし、ログイン画面に移動する。
ユーザー名・パスワードを入力し、WordPressの管理画面へログインする。
(http://akimasa21.net/wp-login.php)
トップページが表示される。

トラブルシューティング

上記手順を完全に実行したにもかかわらず、下記のようなエラーメッセージが出ることがある。その対処方法は以下のとおりである。

「このWEBスペースへは、まだホームページがアップロードされていません」。
https://www.xserver.ne.jp/support/faq/faq_service_hp_trouble.php#01

index.htmlが残っていれば必ず削除する

htmlファイルは、phpファイルなどよりも優先表示される。そこで、WordPress導入前に「index.html」が存在していた場合には、phpファイルよりも先に「index.html」が立ち上がってしまい、WordPressが表示されないことになる。

「index.html」を削除する。

それでも問題が解決しない場合には、ブラウザ側のキャッシュを削除した上で、再度アクセスを試みるとよい。

山本明正(やまもと・あきまさ) 1970年3月(昭和45)徳島大学薬学部卒(薬剤師) 1970年4月(昭和45)塩野義製薬株式会社入社 2012年1月(平成24)定年後再雇用満期4年で退職 2012年2月(平成24)保険薬局薬剤師(フルタイム) 2020年4月(令和2)現在、保険薬局薬剤師(パートタイム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です