未分類

あまのじゃく伝説

投稿日:2018年5月28日 更新日:

鈴ヶ峰東峰312mから見た瀬戸内海(鈴ヶ峰183度)
suzugamine183.jpg

あまのじゃく伝説とは

あま‐の‐じゃく【天邪久・天邪鬼】、広辞苑第六版(CD-ROM版)岩波書店 より

  • 昔話に出てくる悪者。人に逆らい、人の邪魔をする(一部略)
  • わざと人の言に逆らって、片意地を通す者
  • 仁王や四天王の像がふまえている小鬼

広島市佐伯区五日市は、波静かな瀬戸内海に面した町である。その沖合い3kmあまりの海上には、御椀を伏せたような形をした津久根島(標高24m)という小島が浮かんでいる。そしてその島に、あまのじゃく伝説の主人公の一人である湯蓋道空(ゆぶた・どうくう)の墓がある。室町時代のものという。

道空夫婦には道裕(どうゆう)という息子がおり、親子は海岸近くの海老山(かいろうやま)という標高53.7mの小山付近で暮らしていた。

「ひろしま通になろう」p.57によれば、「道裕は、親のいうことにことごとく逆らう変わり者。「おとなしくしろ」と言われれば大暴れをし「海で魚を捕れ」と言われれば「山で鳥を撃つ」といった具合で、村人は「あまのじゃく」というあだ名を付けていた」(引用ここまで)。

今際の際に道空がいう。「わしが死んだら、あの津久根島に葬っておくれ」。

これを聞いた息子の道裕は考えた。「今までわしは親に逆らってばかりいた。せめて遺言の言い付けだけには従おう」。こうして息子の道裕は、道空の墓を津久根島に建ててしまった。

道空の本心は違っていた。自分の墓は海老山に建てて欲しかったのだ。いつまでも村人の近くにあって瀬戸の海を眺めていたかった。

「息子がわしのいいつけを守ったことは一度もない。海の小島に墓を建てろと言えば、それと反対に、海老山に建ててくれるに違いない」。最後まで親の気持に逆らい続けた道裕であった。

私と津久根島

小学生か中学生のころ、私の同級生が津久根島へ行ったという話しを聞いたことがある。昭和30年代半ばのことであるから、多分、船外機はなくて魯を漕いで行ったものと思われる。だれか大人がついていたのであろう。

私たちは、津久根島のことを昔から「あまんじゃく」と呼んでいる。最近では、その近くを遊覧できる広島湾ミニクルーズ(約30分)があり、「あまんじゃくクルーズ」という名前が付けられている。広島市西区の大型商業施設マリーナホップの桟橋を発着点とするもので、2006年5月20日に運航開始されている。

参考資料

  • 広島に伝わる『あまんじゃく伝説』(No.1)
  • 語源由来辞典
  • [スケッチ]庚午橋より津久根島、宮島を見る/平山文俊(やすとし)さん
  • 平山文俊さんの『スケッチで綴った「港のまち あちこち展」』 – YouTube(参考まで)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

日本海海戦(東郷ターンは丁字戦法ではなかった)

日本海海戦とは 日本海海戦とは、日露戦争中の日本(連合艦隊)とロシア(バルチック艦隊)との両艦隊決戦をいう。連合艦隊はこの近代最初の大海戦に完勝した。そしてその勝利は世界中を驚かすとともに、日露戦争の …

no image

井伏鱒二

作家(広島県福山市加茂町(現)出身) 代表作、「ジョン万次郎漂流記」、「本日休診」、「黒い雨」など 略歴 1898年(明治31)、広島県深安郡加茂村(現・福山市加茂町)生まれ、小説家 1917年(大正 …

no image

お知らせ(団塊の世代一代記)

2018/06/25 愛知大学山岳部薬師岳遭難事件 加筆修正 2018/06/23 WordPressで再構築を再開しました。 鋭意リンク整備を行います。 よろしくお願いいたします。

no image

旅する巨人・宮本常一

はじめに 宮本常一は、明治40年(1907年)8月1日、山口県東和町長崎(周防大島)生まれ。昭和10年、10年余りの教壇生活(大阪)に別れをつげ、渋沢敬三(東京)開設のアチック・ミューゼアム研究所員と …

no image

原民喜

詩人(広島にて被爆) 代表作「夏の花」 略歴 1905年(明治38)、広島市幟町(現在の中区に含まれる)生まれ 1923年(大正12)、広島高等師範学校付属中学、四年終了 (大学予科受験資格獲得) 1 …