円周率3?

投稿日:

円周率はあくまでも3.14である(小数点以下二桁で表示する場合)

小学校の教科書では、円周率=3として計算することになった、という誤解はどこから生まれたのであろうか。調べてみると、〈新〉指導要領(2002年4月1日施行)においても、円周率として3.14を用いることに変わりはない。

ただし筆算で計算する場合、(掛算割算では)小数点以下一桁までしか取り扱わないことになったため、事実上、円周率3(または3.1)となってしまったのである。ちなみに、円周率3.14を用いた計算をするには、電卓を使うのだという。

こうしたことから、ゆとり教育=円周率3(でなければならない)という誤解が生じたようである。それにしても、この程度の計算で電卓に頼っていては、やはり日本国沈没である。

円周率=「3」と「ゆとり教育」

私はこのWeb内の別のコーナーで、円周率πを「3」にしようという「ゆとり教育」が始まる(新指導要領)そうだが、この教育方針が成功したとき日本国は確実に滅亡していることでしょう、という意味の文章を書いたことがある。

しかし、これは私の理解不足で少し不正確な文章であった。そこで以下のとおり改めて考察し直してみることにする。

〈新〉小学校学習指導要領(2002年4月1日施行)

円周率の学習をするのは小学校5年生になってからである。円周率π(小数点以下二桁で表示すれば〈3.14〉)を使って、円の面積(円周率×半径の二乗)や円周の長さ(円周率×半径×2)を計算するときは、当然のことながら小数点の入った掛け算をしなければいけない。

〈新〉小学校学習指導要領では、円周率や小数の乗除算についてどのような取扱いになっているのであろうか。確認してみると、文部省告示第175号(平成10年12月14日)には、平成14年4月1日(2002年)から施行するとして次のように書いてある。(算数、第5学年、内容の取扱い)

円周率としては、3.14を用いるが,目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮するものとする

円周率としては、3.14を用いるが,目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮するものとする。実はこれと全く同じ文章が、すでに〈旧〉学習指導要領(平成元年3月15日告示、平成4年4月1日施行)にも書かれていた。

その意味するところは、「3」という数字を使って、円の面積や円周の長さを簡単に概算できるということを示しているのであろう。きちんとした値を知りたければ、3.14を使って計算しなおせばよいだけの話である。何も問題はない。新指導要領でも円周率3.14に変わりはないのである。

小数の乗除計算では、1/10の位までの計算を取り扱うものとする

小数の乗除計算では、1/10の位までの計算を取り扱うものとする。〈新〉小学校学習指導要領では、(掛算割算において)小数点以下一桁までの数字しか取り扱わなくなった。ここに大きな問題がある。

新指導要領では、筆算でやる限り、小数点以下2桁まで含む円周率3.14を使用することは許されないのである。円周率は3または3.1(小数点以下一桁)でなければならない。ここの部分だけをとらえて、ゆとり教育=円周率3という「誤解」が広まったものと思われる。

それでは円周率3.14はどのように使うかというと、電卓を使った計算で用いるという。新しい教科書には、円周率を含め桁数制限を越える計算問題の個所には電卓マークが付いているのだそうである。

旧指導要領にも電卓使用について記載はあったが、その範囲は統計処理(大きな数を数多く取り扱う)などに限られていた。ところが、新指導要領では、電卓を使用すべき範囲を大幅に広げている。

なお、その他の桁数制限として、筆算で扱うのは整数部分の3桁×1桁、又は2桁×2桁まで、という制約もあるようだ。たかが整数部分3桁や小数点以下2桁の掛算まで電卓でやるようでは、小学生の計算力は落ちるばかりであろう。

混乱の責任はマスコミにもある

それにしても、こうした誤解(デマ)が広まるのに一部マスコミが手を貸してはいなかっただろうか。ことの本質を押さえてきちんとした報道をするという基本姿勢にかける行為は許されない。

基礎学力の低下は一国の将来を危うくする

基礎学力(読み書き算盤)の低下は一国の将来を危うくする。小学校6年を終えるまでに学ぶべき必要項目は何か、それにはどのくらいの時間がかかるのか。それらをきちんと把握した上で各学年にバランスよく割り振らなければいけない。その結果、多少「ゆとり」が無くなったとしても日本国が沈没するよりはましである。

2009/07/09補足
2002/12/28初出

キーワード:円周率3

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

百ます計算|読み・書き・計算で学力再生

百ます計算(100マス、百マス)とは、小学生に確実な計算力を身につけさせるために考え出された教材(指導方法)である。算数の授業冒頭に行う「百ます計算」(10分間)によって、児童のやる気と集中力を飛躍的 …

no image

愛知大学山岳部薬師岳遭難事件

豪雪吹雪の中を登山中にホワイトアウトした場合、正しい進路を保つことは極めて困難である。1963年(昭和38)正月の薬師岳(富山県)山頂付近で、愛知大学山岳部13名と日本歯科大学6名の明暗を分けたものは …

no image

算数ができない大学生

このページの目次です算数ができない大学生誤答率(つまり、間違った人の割合、全て二桁の実数)追加(理工系)、正答率%参考資料 算数ができない大学生 あなたはこの問題が解けますか? 「小数」の入った四則計 …

no image

日本海海戦(東郷ターンは丁字戦法ではなかった)

日本海海戦(日露戦争)における連合艦隊の敵前大回頭(東郷ターン)については、従来から「丁字戦法」だとされてきた。しかし、最近になってそれを否定する新しい見解が示されている。日露戦争の帰趨を決したとも言 …

no image

日航機「よど号」ハイジャック事件

1970年3月31日午前7時40分(昭和45)、富士山南側上空で日本初のハイジャック事件が起きた。過激派(赤軍派)学生9名による羽田発福岡行き日航機351便(よど号)乗っ取り事件である。北朝鮮に渡った …